あのスペースマーケットがAirbnbに対抗して民泊事業開始!

ユニークなスペースをレンタルで提供する「スペースマーケット」

昨年のプロ野球、セリーグチャンピオンは東京ヤクルトスワローズ、恒例のビール掛けはファンが見守る中、外野を使っておこなわれるという異例のものでした。
ファンと共に喜びを分かち合おうという、球団の粋な演出に、胸を熱くしたヤクルトファンも多ければ、来年こそはと忸怩たる思いを胸に秘めた阪神ファン(←私です)も多かったはずです。
さて、そんな神宮球場の外野を使って僕たちもビール掛けをしたいなーなんて思っているヤクルトファンのみなさん!!
スペースマーケットが引き受けてくれますよ。
阪神ファンの皆さんは「松山坊ちゃんスタジアム」で何かやってみませんか?

スペースマーケット、次のターゲットは「民泊」

そんなユニークな場所を集めて1時間単位でレンタルしている「スペースマーケット」については、今までこちらでも何度も取り上げてきましたが、業績も好調だそうで、取扱いスペースは4,500カ所、前年比450%で推移しているといいます。
そんなスペースマーケットが次に目を付けたのが民泊、古民家や宿坊、住宅など宿泊施設以外で泊まろうというものですね。
今春からのサービス開始に向けて、英語サイトも同時にオープンするといいますから、これってもろにAirbnbに対抗しているっぽいですね。

Airbnbとははっきりした差別化をおこないそうな予感

Airbnbが旅館業法に抵触しているか否かという、非常にグレーなゾーンで営業しているのは知られていますが、スペースマーケットはそのあたりは地方自治体と連携し、クリアにしたうえで営業する方針のようです。
現在スペースマーケットでは、どのような場所が登録されているか不明ですが、安価な宿泊先という側面が強いAirbnbに対して、スペースマーケットは飽くまでもユニークさを前面に押し出してきそうです。
例えば、廃校とか結婚式場のチャペルとか、閉鎖した鉱山とか……おお、勝手に妄想が膨らんでいますが、これは楽しそうではないですか。夏場限定とか冬場限定とか色々考えられそうですね、カマクラとか♪
アイデアが浮かんだ方、もしくはユニークな物件に住んでおられる方は、スペースマーケットのフェイスブックのアカウントで登録できます。奮ってご参加を!!