シェアハウス用物件を購入するのに住宅ローンは有効なのか?!

篤志家注目、未来ある若者のために!!

以前、理想的なシェアハウスなんぞトキワ荘にしかないから、なんて例のごとく斜に構えた文章を書きましたが、実際「トキワ荘プロジェクト」なんてあるんですね。
いや、現代のトキワ荘なんて銘打って色々やっているのは知っていましたが、実際えらい規模に成長しておりまして、プロデビューした「先生」まで輩出しているといいますから素晴らしい。
若者の夢だ希望だ切磋琢磨だと耳にすると、胡散臭いマルチビジネスしか頭に浮かばない私は本当に薄汚れてしまったと思っているのです。

それを音楽に置き換えると「セカオワ」になるのかな、メンバー皆が一軒家で共同生活やっているっていうし……こっちはとてつもない気持ちの悪さを感じますが。
いい歳こいて共同体的なものにすがっている、みたいな。
でもセカオワのファンにとってはそんなストーリーも含めて、セカオワなんだろうな、という。

来たれ!!未来のセカオワ

「マンション経営するほど資金力もないけど、とりあえず立地がいい一軒屋があるから、シェアハウスでもしてみるか!!」
こんなのがシェアハウスの成り立ちだと思っておりましたので「シェアハウス用物件を購入するのにローンは組める?」なんぞ、考えたこともありませんでした。

未来のセカオワのメンバーを住まわせるのか?!
夢はあるけど金はない、そんな若者に安価で住居を提供するために新築で一軒建てよう、そんな篤志家が本当にいるのでしょうか?
そんな方に参考になる記事を見つけました。

住宅ローンでシェアハウスを建てるには条件が必要

住宅ローンは利率が抑えられていまして、そのために融資の条件が非常に厳しいという特徴があります。
住宅ローンで賃貸を調達して、不動産投資なんかされたらフェアじゃありませんから。

そこで、自分が住む住宅であるということが建前になりますから、自宅部分の面積が30%以上占めている必要があると。

漫画家の卵や将来のスターと同居したい人にはぜひ!!ですね。向こうが嫌がりそうですが。

セカンドハウスローンというのを活用する手もあります。これは、住宅ローン中でも新たに組めるローン。ただ、自宅の占有率などの条件も厳しそうです。

……結論から言うと、あまっている物件を有効活用するというのが、シェアハウスの本分。

リフォームや入居者の募集をしてくれる業者は多くありますが、一軒分のローンまで用意してくれるようなところはなかなか難しそう。
まあ、こんな当たり前の結論なんですけどね。